• にきびは潰した方が早く治るのか

    にきびを治す方法としてはさまざまなことが言われており、その中で時折見られるのが「潰した方が早く治る」ということです。
    しかし「潰すと跡になる」ということもよく言われているため、どちらが正しいのかわからないと感じてしまう人も多いものです。



    ではこのにきびは潰した方が早く治るというのは本当なのかというと、適切な処置が取れるのならばその通りです。



    状態によっても正しい対処が異なるのですが、基本的にあまりにも悪化してしまっているのであれば、さらに悪化するよりも先に潰してしまったほうが早く治ることはあります。

    ビジネスジャーナル情報がさらにわかりやすくなりました。

    ただ問題となるのが適切な処置が取れるかどうかで、一般的な家庭で無理やり潰すということは全くおすすめできません。
    無理やり潰してしまうとその傷跡が放置されて雑菌が入ってしまってにきびが再発することがありますし、またなにより傷跡が放置されたことによってにきび跡になってしまう可能性が高いです。跡になってしまった、特にデコボコなクレーター状態になってしまうと皮膚科の治療でも完治させられないケースがあるため、「潰すと早く治るから」と言って無理やり潰すのは絶対に避けた方が良いのです。
    もし潰して早く治したいということであれば必ず殺菌消毒と保湿が完全にできるように準備してから行うか、皮膚科の医師に相談して処置をしてもらうようにするのが良いでしょう。

    また健康な身体であればにきびはしばらくすれば元どおりに治るのですから、よほど特別な事情がない限り、自然に治るのを待つのをおすすめします。