コピー機リース契約はお得
2020年8月24日 コピー機のリースの契約条件について

コピー機のリースの契約条件について

コピー機のリースとは、一定の契約条件のもと、機種を借りて使うことです。

月々の利用料は発生しますが、新品を購入することに比べると初期費用が格段に抑えられるというメリットがあり、とくに企業の立ち上げ時などには重宝されている利用形態です。また、初期費用が抑えられるという点以外にも実はメリットがあるため、決して立ち上げ時だけに限らず、企業においては基本的に購入するよりもリースでコピー機を利用することにしているケースも珍しくありません。大きな理由としては節税対策です。購入するとそれは自社の資産となってしまうため、固定資産として税金がかかります。一方でリースでコピー機を使うことにすると、あくまで借り物ですから自社の資産にはならず、税金はかかりません。

その一方で、月々の利用料は必要経費として処理することができ、利益を圧縮することができるために節税につながります。もちろん購入した場合であっても購入費は必要経費にできますが、一度にあまりに多額の必要経費を計上しても、利益以上の金額になってしまっては圧縮効果も薄れてしまいますから、毎月少しずつ分散して経費計上できるほうが節税効果が高いわけです。この他にも、コピー機のようなOA機器では技術進歩も早く、仮に新品を購入しても数年も経つと陳腐化してしまい、結局買い直すはめになるという点も関係しているでしょう。リースであれば契約期間が切れればまた新品を借りることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *