コピー機リース契約はお得
2020年8月15日 オフィスでコピー機のリース導入について

オフィスでコピー機のリース導入について

オフィスでコピー機を導入する場合、最も一般的なのがリースです。

新品で一括購入するとなると、それなりに大きい金額になってしまうコピー機ですが、リースにすると基本的に新品のものを毎月リース会社に月額料を支払うかたちになるので初期費用を抑えることができます。契約期間は、ほとんどが3年から8年の長期契約になり、長期契約たけに、月々の料金は控えめに設定されているので、長く、少しでも安く導入するのならリースはお得な選択肢ということです。また、最新の機種から新品の製品をオフィス環境や用途に合わせて選べるのも魅力です。コピー機は精密機器ですので、長く使用していくうちに故障や不具合がつきもので、修理費が高額になることがあるため、保守契約を同時に結ぶことになります。

保守契約では、ほとんどが印刷した枚数に応じて毎月料金を支払うカウンター保守を契約します。カウンター保守契約は、コピー機を導入する際に同時契約ができ、契約条件に合わせて金額を交渉することも可能です。利用期間中は継続してメンテナンス、修理などのアフターフォローも受けられます。また、購入した場合に発生するような固定資産税・減価償却の手続きはなく、会計処理は経費扱いになります。月々のランニングコストも把握しやすく、会計処理を簡単にできるというのもメリットの一つです。会社を立ち上げたばかりで初期費用は抑えたい方、設備投資を削減したい方は、コピー機を長期利用するのならリースは有益な選択肢の一つとです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *