コピー機リース契約はお得
2020年8月9日 長期的なビジネスに取り組むなら、コピー機はリース

長期的なビジネスに取り組むなら、コピー機はリース

自社にコピー機を導入する方法には購入、リース、レンタルの3つが挙げられます。

ビジネスを成長させ、長期間にわたって会社を経営し続けることを重視しているのであれば、この中でリースが最も有意義です。購入もメリットが大きそうに思えますが、5年程度の一定期間ごとにマシンを変更することができるリースを採用すれば、コピー機が陳腐化してしまうことがありません。コピー機のフルモデルチェンジは毎年行われるわけではなく、3年程度に行われるのが基本です。そのため、機種が古くなることによって業務効率が改善できない事態に陥る可能性はほぼありません。オフィスで働くスタッフにベストに近い環境を提供するということは、会社が成長し続けるための重要なファクターです。長期的なビジネスにはたいへん有効と言えます。

さらに、リースを利用すれば毎月コピー機の利用で発生するコストを把握しやすくなります。カウンター料金で額は変動はするものの、長く利用し続けていれば毎月の平均的なコストは管理できます。そのため、経営黒字化のために必要な売上高を算出する、損益分岐点などの計算が容易になるメリットが生じます。また、信頼できるサービス会社と契約していれば、コピー機の選別で悩むことはありません。一般的にリース契約期間が満了すると、次に導入する機種を選定することになります。利用者を大切にするサービス会社を活用している場合、希望や問題点を提示すれば、それに合わせたマシンを紹介してもらえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *