コピー機リース契約はお得
2020年8月3日 リースのコピー機とレンタルはどちらが最適か

リースのコピー機とレンタルはどちらが最適か

コピー機にはレンタルとリースがありますが、会社で導入する場合どちらを選べばよいか迷うことがあります。

まず、ここで考えたいのは利用期間で、レンタルだと契約期間が長いほど費用が高くなるのでコストパフォーマンスが下がります。逆に利用期間が短いほど費用のリスクが最小ですむので、短期間の利用で費用がケア出来るなら、導入するときにも審査が不要で原価償却や固定資産税がかからないメリットを生かせます。最近は初期費用がいらない貸し出しもあって、短期間利用するときには検討してみても良いです。コピー機のリースだと契約期間が通常は5年ぐらいと決まっていて、その中で月額費用を支払います。契約で期間の縛りがあるので使わなくなっても途中で解約が出来ません。

もし、途中で使わなくなっても月額で一定費用を支払うことになるので、利用期間が短いほど損をします。また、利用している時は機器をはじめとしたオフィス関連機器のアドバイスや、コンサルティングを受けてそれでコスト削減や仕事の効率が出来る可能性もあって、短い付き合いだと損失も増えます。コピー機のリースはレンタルと違い短期間の利用は不向きで、長期利用をしたほうがメリットは大きいです。決めるといも利用期間で判断し、目安となる期間は3ヶ月から2年以内ならレンタル、2年以上使うならリースのコピー機がいいです。会社でどの程度利用する予定なのか先に決めておくと、どちらで契約するかも判断しやすいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *