コピー機リース契約はお得
2020年7月18日 複数のコピー機リース会社に相見積りして比較を

複数のコピー機リース会社に相見積りして比較を

探してみるといくつもの会社がコピー機のリースサービスを提供しているため、正式に申し込みをする前にいくつかの点を確認することです。

初めての申し込みならどの会社が良いかは迷いますので、複数の会社に見積書を依頼します。見積書に記載された金額を見比べるだけではなく、適正な見積もり料金かも確認をすることを忘れません。大体の支払いの総額を単純計算してみるのも良く、毎月支払う支払金額を契約する期間かけて計算してみることです。5年契約はよくある数字であり、その場合は60ヵ月での掛け算です。複数のサービス提供をする業者に相見積りすること、一体何にいくらの金額がかかって、それは正しいかまでチェックしておきます。素人からしたら最初はよくわかりにくい専門的商品ですが、明確に数字を出すことができるのもコピー機のリース契約の料金明細です。

借りている期間ですが所有権は数年たってもリース会社側にあるため、オフィス内で使用するにしてもコピー機の取り扱いには注意も必要になります。定期的に行うことで順調な利用のできるメンテナンス、故障時の修理や保守に関しては、コピー機のリース料金に入ってはいません。そのため基本的には、保守契約を別途結ぶことになります。また契約期間の満了になったら、再度契約をして使い続けるか返却をするかの選択です。何年間使用をしても、愛着がわいたとしても、所有権は借りる側にはないので、どちらかを選ぶことになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *