コピー機リース契約はお得
2020年7月6日 高性能コピー機をオフィスに導入するならリースが最適

高性能コピー機をオフィスに導入するならリースが最適

仕事の作業効率を格段に上げるパソコンやモバイル端末などといったデジタル機器の登場により、多くの会社や店舗では使用する紙の量を削減できるようになってきています。

紙の使用量を削減できるということは経費削減にも繋がるだけに将来的に起業することを考えている方の多くは、ペーパーレスな会社を作りたいと考えているはずです。また、そういった方であれば、ペーパーレスな会社のオフィスにはコピー機も必要ないだろうと考えていると思うのですが、どれだけペーパーレス化を推し進める会社であったとしても、コピー機はオフィスに必ず必要な備品なのです。自社内だけで仕事が完結するのであれば完全なペーパーレス化も可能でしょうが、取引先と仕事をしていく以上は書類やFAXでのやり取りを行うことは避けられませんし、作成した資料を見せながら商品やサービスの説明をした方が商談も円滑に進みます。そのため、書類やFAXの内容を素早く資料化できるコピー機は円滑に仕事を行うためにも必要不可欠な存在なのです。

ただ、スキャン機能などが搭載された高性能機種の物を購入すると多額の初期費用が必要となりますし、固定資産税の支払い義務が生じてしまうため、購入することは経理上のことを考えるうえで良い選択ではないと思います。ですから、可能な限り経費を抑えつつも最新型の高性能コピー機の導入を考えているのであれば、リースという形でオフィスに導入することがおすすめです。リースなら固定資産税の支払いや面倒な減価償却の手続きを行う必要もありませんし、月々の使用料を経費として計上することができます。また、リースを活用するメリットとして最新の高性能機種の物を導入できるという点も魅力だと思いますので、仕事に役立つ高性能なコピー機を導入する際にはリースを活用することをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *