コピー機リース契約はお得
2020年6月18日 コピー機をリースする場合には勘定費目に注意

コピー機をリースする場合には勘定費目に注意

最近は企業が自ら設備を持つ事は敬遠される傾向にあります。

特にコピー機やパソコンなどの設備は耐用年数が短いために設備として購入すると長期間償却をしなければならず、新しい性能の良いものに交換をすることが難しくなってしまうためです。さらに企業の場合にはこのような備品にも課税されるため、余分な出費が増えることになります。そこで最近よく利用されるのがリースやレンタルといった、いわゆる機器を購入せずに借りることで利用をする方法です。一般的にこの方法では企業の設備として登録されることがないため、課税されることがなく、さらにリース費用やレンタル費用も必要経費で処理することができる可能性があることから課税対象から外すことができる可能性もあることが大きな理由です。

見た目にはこれらの費用の方が高額となることが多いのですが、税金やその他の費用処理の問題を考えると、総合的には出費が少なくて済むと言うメリットが生まれることも多いものです。しかし特にコピー機のリースを利用する場合には、その勘定費目に注意をしなければなりません。リースの場合には一般的に企業が選定した機器をリース会社が購入しその企業に貸し出す形となるため、企業が自ら購入したものと同じに扱われることが多いのが特徴です。その契約形態によっては、税制上設備とみなされ、課税対象となることも少なくありません。特にコピー機の中でも大型の特殊なものは設備とみなされる可能性が高いため、その勘定費目には充分に注意をすることが必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *