脱毛方法の1つであるレーザー脱毛は施術1回あたりの時間が短いため利用しやすく、効果も高いです。

レーザー脱毛はメラニン色素に吸収されるレーザーを皮膚に照射して毛根に吸収させて発熱させます。この熱によって、毛の生育を行う毛母細胞がダメージを受け、毛が生えなくなります。レーザーは皮膚のメラニン色素にも吸収されるため、皮膚もダメージを受けます。しかし、使用する機械に付いている冷却装置で冷やしたり、麻酔クリームなどを使って痛みの軽減を行うため、ゴムで弾かれるような痛みで済みます。

ただし、体質によっては強い痛みを感じることもあるので、テスト照射で確認しておくと良いです。脱毛エステでも同じように光を使用する脱毛がありますが、医療機関ではないため、トラブルが起きた場合の対処を十分にできません。そのため、高い出力の脱毛装置の利用が認められていません。出力が下がると毛根の持つ熱も下がり、毛母細胞が受けるダメージも小さくなってしまうため、効果が弱くなってしまいます。

そのため、レーザー脱毛の方が効果が高くなります。レーザー脱毛では皮膚が受けるダメージが気になりますが、皮膚の診察を行い、メラニンがどの程度含まれているか確認してから出力を調整します。また、テスト照射を必ず行う医療機関も多く、安全性の高いものです。本来は医師が施術するものですが、稀に看護師が施術していることがあるため、このような医療機関を避けるとより安全に施術を受けられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *